2010年10月08日

栗田智仁のドリアン日記

はい!栗田智仁です。
今日はドリアンの種類について話をしようと思います!

えっ?!ドリアンに種類ってあるの??
へへっ!
ドリアンの種類
タイでは、研究用も含め200種類程度のドリアンがあるといわれていますが、実際に流通しているのは、主にチャネー種(Cha Nee)、モントーン種(Mon Thong)、ガンヤオ種(Kan Yao)、クラドゥムトーン種(Kradum Thong)の4種類です。特に良く見かけるのは、チャネー種とモントーン種で、次にガンヤオ種(中華街などで見ます)、クラドゥムトーン種はほとんど見ません。

また、タイは、東南アジアのドリアンの故郷でもあります。インドネシアのKani種は、チャネー種を改良したものですし、Otong種はモントーン種を持っていったものです。マレーシアのD99種もタイのドリアンが起源ですし、D123種はチャネー種、D158種はガンヤオ種、D159種はモントーン種とタイで生まれたドリアンです。また、フィリピンでもチャネー種とモントーン種が広く栽培されています。
ラベル:ドリアン
posted by 栗田智仁 at 12:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。