2010年10月14日

栗田智仁のドリアンの話

はい!栗田智仁です。
私が初めてドリアン(タイ語でトゥリアン)を食べたのは、タイに駐在してからでした。それまで何度も仕事や旅行で東南アジアを訪れたことはあったものの、ドリアンを食べる機会はなかったのです。

初めて、こわごわ、それを口にした際、食べる時より、食べた後にこみ上げてくるゲップの臭さに、「なぜ、こんなものが果物の王様なんだろう?」と思ったものです。

しかし人に勧められて(しょうがなく)なんどか食べるうちに大好きになり、食べるだけでなく、ドリアンについてもっと詳しく知りたくなってしまったのです。

1.ドリアンとは
ドリアンは、熱帯雨林地帯に育つ、パンヤ科の多年生樹木で、寿命は80-100年と言われています。木の高さは、20-25m程度になります。実がなるまでには、植えてから6-7年掛かるそうです。

ドリアンは英語でDurianと書きますが(タイ語ではトゥリアン)、この語源はマレー語の「とげ」を意味する「Duri」です。名前の由来からして、原産地はマレーシア・インドネシア(ボルネオ)だと言われています。タイでは、既に300年以上前には栽培されていた記録が残っています。

強烈な匂いで有名ですが、ほとんどのホテルは室内への持込を禁止しています。ドリアンの好きな人にとっては気にならないのですが、嫌いな人ですと1-2日経っても匂いを感じるらしいです。
ラベル:ドリアン
posted by 栗田智仁 at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。