2010年11月30日

栗田智仁のドリアンの話

栗田智仁のドリアンの話
ハイ!栗田智仁です。

●ドリアン
「フルーツの王様」ドリアン、生まれて初めての挑戦。「腐った死体のニオイ」だとかかんだとかいろいろ聞いてて興味満タンでGO! 市場でパック売りしているものを買いました。1パック約320円。日本なら売ってたとしたら1コ5000円。 写真は売り場 。お兄さんがその場でカットしてパックしてました。シーズンにはまだ少し早いみたいであまり沢山は売っていませんでした。

こいつがドリアン。ドリアンはそのニオイからホテルにも電車にも持ち込み禁止。その場で食べるしかない。ドキドキ。。。
におってみる。
「・・・・う”っ・・・」
勇気がしぼむ。。。しかしここでくじけてはレポが書けん(ネタのため?)えいや!
・・・・

「もう二度と食べません・・・」
完食できず。

ねっとりとした濃厚なクリーム状で甘いけどクサイ。
・・・慣れれば旨いのかも
posted by 栗田智仁 at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

栗田智仁のドリアンの話

栗田智仁のドリアンの話
ハイ!栗田智仁です。

■ドリアンの香り

ドリアンは東南アジアの果物を代表するもので、果物の王様ともいわれ比較的高価な果物ですが、削った鉛筆を思わせる円錘形のトゲに覆われた外観と強烈なにおいには、圧倒されてしまいます。シンガポールのホテルや飛行機では持ち込みを禁止されるほどです。
 しかし果肉(実は仮種皮)は生クリームに似た上質な舌ざわりで、一度食べると病みつきになるほど美味だと言われています。ドリアンは生食のほか、現地では果肉を発酵させたり、砂糖菓子などを調理加工して利用されます。
 香気は、タクアン、玉ねぎ様の部分とフルーティーな部分に分かれます。フルーティーな部分としては、酪酸エチル、2-メチル酪酸エチル、カプロン酸エチルなどが、玉ねぎ様の部分としてはメチルエチルトリサルファイド、エタンチオール、ジエチルジサルファイドなどの硫黄化合物が独特の香りを創り出しています。
(update:2000.8.4)
posted by 栗田智仁 at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

栗田智仁のドリアンの話

栗田智仁のドリアンの話
ハイ!栗田智仁です。

バリ島内のホテルにあるドリアン持ち込み禁止の看板?

「ドリアン持ち込み禁止の看板」は、サヌールのアエロ・ウィサタ(旧・サヌールビーチホテル)の正面入口に実際に置いてある。ドリアン持ち込み禁止のホテルがあるということは聞いたことがあるが、こういった看板を見るのは結構レア。

ところで、ドリアンを食べたことがありますか?味は、こってりとした食感とあの臭さだけは忘れられない。洗っても洗っても手の指に臭さが残っている感じ。もう一度食べたいかと言われたら・・・恐らく遠慮すると思う。そういえば、お土産にドリアンキャンディを買っても、キャンディでさえ、結構きつい臭いがするとか。

posted by 栗田智仁 at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

栗田智仁のドリアンの話

栗田智仁のドリアンの話
ハイ!栗田智仁です。

クリーミーで新鮮な「ドリアン」はメチャ美味!まさにフルーツの王様
◆ フルーツの王様というタイトルが与えられたドリアン。マレーシアでも高価な果実のひとつですが、旬の最盛期を迎え価格は最安値に近づいています。7月下旬までが熟れ頃・食べ頃になります。
◆ マラッカ州でのドリアン収穫時期は6月中旬〜7月下旬、11月中旬から年末頃までの年に二回あります。こうした収穫シーズン以外でもタイ王国や他州で栽培されたドリアンを買うことができます。
◆ 最盛期には、1sで1〜1.5リンギですが、品薄の時期には1s8リンギほどに相場は高くなります。食べ頃サイズ(ラグビーボール)の大きさで約2sですから、最盛期には日本円で約60円で食べれます。♪
◆ ココでドリアンに関するミニ知識
@ドリアンはクサイ 新鮮なモノはクリーミーで甘く、ニオイもきつくありません。
Aドリアンは痛い トゲトゲの外殻は想像以上に堅くて尖っています。うっかりさわると血が出ます。
Bドリアンは美味い 筆者の選んだクリーミーなドリアンは日本人の90%が美味く召し上がっています。
◆ まぁ、個人差はありますが食べてみると意外に美味い!のがドリアンです。新鮮なモノに優る美味さはないと筆者は思います。最後にニオイ消しの秘策を伝授しておきましょう。
◆ 食べ終わったドリアンの外殻、ドリアンが守られていた白い内側のくぼみに水道水をチョロチョロ注ぎ、こぼれてきた水で手を洗ったり、口をゆすぐとあのドリアン独特のニオイが消えてしまいます。
◆ ホントかな?筆者も最初に教わったときには半信半疑でしたが、マジでニオイが取れます。果物の王様ことドリアンが市場に姿を現したら、女王さまことマンゴスチンも後を追うようにやってきます。コチラもお楽しみに!
posted by 栗田智仁 at 11:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

栗田智仁のドリアンの話


栗田智仁のドリアンの話
ハイ!栗田智仁です。
今日のドリアンの話はマメ知識です。
ドリアンの果実は臭いが強烈なため、飛行機内への持込みが禁止されている。公共の建物やホテルも、持ち込み禁止にしている所が多い。 

近年タイではMon Thong(モントーン)という臭いを抑えた改良品種が作られ流通している。
posted by 栗田智仁 at 17:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

栗田智仁のドリアンの話

ハイ!栗田智仁です。
今日のドリアンの話は、ドリアンの花2です。

ベナンへ観光したときのことでした。ドリアンの花のサラダ食べました。

*ドリアンの花・・・さえない黄土色の花が2月-4月に咲きます。ゲンティン・ヒルのタイ・レストで”ドリアンの花”を沢山摘んで、中のおしべ・めしべだけをとっていた。

*店の主人が””5分待て”と言って持ってきたのが、”ドリアンの花のサラダ”。薦められるまま食べてみました。新鮮な植物の香りと味でした。もしかしたら、私達が日本人で初めて食べたのでは?

*この時期にドリアン農家だけで食せる珍味ではないでしょうか?
posted by 栗田智仁 at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

栗田智仁のドリアンの話

ハイ!栗田智仁です。
今日のドリアンの話は、ドリアンの花についてです。

ドリアンと言えば、鋭いとげに前面覆われた見るからに恐ろしい形をしていますが、花
は淡いピンク色で、実からは想像もできない可愛い花です。また、においも甘酸っぱい、
いいにおいですね。夕方に咲きます。
 
花は可憐ですが、実があのような状態ですから、花も少し変わっています。どこが変わ
っているかと言えば、咲く場所ですね。通常花というものは枝の先の方に咲くものと決っ
ているようですが、ドリアンの花は、枝の太い部分、あるいは幹のあちこちから出てきま
す。矢張りドリアンはただ者ではないですね。
 
従って、これが実になると、木全体が異様な姿となります。幹や枝の根元からにょきに
ょきと実がなっており、体全体からこぶをぶら下げたような異様な光景となります。なぜ
このようなことになるのか私には分りません。
 
バンコクでドリアンの木は見かけませんが、近くでも是非見たいと思われるなら、メナム
川沿いのノンタブリに行けば見られます。
 
ちなみにドリアンは冠水すると弱るそうですから、果樹園は深い溝を掘って畝を高くし
て、そこに植えます。種を植えるもの(ブルーク・マレット)
接ぎ木(デイッツ・ター)
取り木(トーン)
など色々あるようです。
 
種を植えるものは、花が咲くまで7、8年、接ぎ木は早くて、4、5年で咲きます。
 
花は一個所から20本位出ますので、大きいのを1本残して摘果します。
posted by 栗田智仁 at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

栗田智仁のドリアンの話

ハイ!栗田智仁です。
今日もドリアンの話行きますよ!!

今日は、気分を変えてドリアン王女の話です。
アンパンマンのドリアン王女も迫力ありますよね?

わがままな王女は割とよくいるが、ドリアン王女はそれに身分相応の権力と行動力を持っているからたちが悪い。
攻撃的ではないので殴り飛ばすことはできないが地味に迷惑度が高い。
ドリアン王女が登場するときにはアンパンマンはパトロールを口実にして逃げてしまうことがある。
ちなみに声優の江原正士は男である。


初登場 1998-06-05
分類 果実
植物
食べ物

モチーフ ドリアン
場所 ドリアン王国
大きさ 中
関連 アボガドじいや
一人称 わらわ

posted by 栗田智仁 at 14:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

栗田智仁のドリアンの話

ハイ!栗田智仁です。
今日もドリアンの話ですよ。

ドリアンの果実は皆さん食べたことはあるかもですが、種はどうですか?
今日は、種の食べ方を紹介します。

物凄いニオイがする果物の王様ドリアンですが、実は焼くと種まで食べられるのです。

表面が適度に焦げるくらいまでグリルで焼きます。
種の皮をむいて食べます。
種の皮が硬いので、気をつけて剥いて食べてくださいね。
さといものような、茹でピーナッツのような、じゃがいものような感じの味です。
時々スカスカの種がありますがそれは正直食べるトコないです…
丸々と太っててずっしりしてるモノがオススメ。
posted by 栗田智仁 at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

栗田智仁のドリアンの話

ハイ!栗田智仁です。
今日のドリアンの話!!!タイではその味を「甘くてかぐわしくてコクがあり後を引く」と表現し、この高価な果実を食べたいがために「奥さんを売りに出しても・・・」などと不謹慎なことも言うそうです。
しかしちょっと敬遠したくなるのがそのニオイ!
「ガス臭い・・・」「便所の・・・」などと言われ、最初は食べにくいかもしれません。
それが慣れてしまうとこんなに「旨いものはない」と言うことになります。
「クリームチーズの様な・・・」「シュークリームの様な・・・」と言われています。
ビタミン、ミネラル類が豊富に含まれるドリアンをすでにヤミツキの方はもとより、まだ味わったことがない方も是非おためしください。
ラベル:ドリアン
posted by 栗田智仁 at 13:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

栗田智仁のドリアン日記

ハイ!栗田智仁です。
今日のドリアンは、モントーン種(Mon Thong)はチャネー種と同様、日本で多く流通している品種です。果肉はほどよい甘さで、適度な堅さもあり、独特な香りも少ないのでドリアン初心者にもおすすめです。
ラベル:ドリアン
posted by 栗田智仁 at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

栗田智仁のドリアン日記

ハイ!栗田智仁です。
ドリアンは、中国では広州を中心に「榴蓮酥」というドリアン・パイとして通常食されており、レストランなど料理店でも一般的なメニューとなっている。
クリーム状にしたドリアンをパイ生地で包んで焼き上げたもので、外見は春巻きに似ているほか、特有のにおいもほとんど抑えられて食べやすいように調理されている。

それぞれの国によって食べ方を考えているんですね!
ラベル:ドリアン
posted by 栗田智仁 at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

栗田智仁のドリアンの話

はい!栗田智仁です。
今日のドリアンの話は、食べ方についてです!

ドリアンの食べ方はとても簡単です。ナタなどで縦方向に割って(熟してくると、自然に縦方向に割れてきます)、中から出てきた眩いクリーム色の果肉を“素手”でひっつかんで、一心不乱にむしゃぶりつくだけです。果肉の中には種があるので、種のまわりまでしっかりしゃぶり尽くします。手がベトベトになるけれど、それもついでにしゃぶり尽くします。これが正しいドリアンの食べ方です。スプーンなど使ってお上品な食べ方をする人なんていません。何故なら、食べ方なんて構っていられないほど食べるのに夢中になってしまうからです。
ラベル:ドリアン
posted by 栗田智仁 at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。