2011年01月06日

栗田智仁のドリアンの品種

栗田智仁のドリアンの話
はい!栗田智仁です。

今日はドリアンの品種についてのお話です。

○チャネー(チャニー)
チャネー種(Chanee)は、日本で多く流通している品種です。果肉はやわらかくて甘いのですが、独特の香りが強いのでドリアン初心者にはややきついかもしれません。

○モントーン種(Mon Thong)はチャネー種と同様、日本で多く流通している品種です。果肉はほどよい甘さで、適度な堅さもあり、独特な香りも少ないのでドリアン初心者にもおすすめです。


熱帯地方のくだものらしい独特の香気(注)と、とろけるような美味しさから「くだものの王様」と呼ばれるドリアンは、高価であるにもかかわらず一度食べると借金をしてでも、毎日でも食べたくなるところから別名「悪魔のくだもの」とも呼ばれています。


悪魔の果物。すごい別名ですよね!
それだけ癖になるということです。
栗田智仁も悪魔の果物に夢中です。
posted by 栗田智仁 at 14:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。