2011年02月14日

栗田智仁のドリアンの効能

は〜い。栗田智仁ですよ。
今日もドリアンです。

ドリアンはくさいとかとげとげしているとか、そんなことは知っているという人も多いと思います。
ですが、なかなか効能までは…という人も多いと思います。
たとえば、解毒作用や癌を抑える働きがあるだなんて、知っていましたか?

そこで今日は、ドリアンの効能を栗田智仁が教えちゃいます。


ドリアン
東南アジアを中心とするタイやマレーシア、インドネシアなどで栽培されおり、マレー半島や東インドが原産地と言われています。トゲのあるものを意味するduriはマレー語であり、名称もこれに因んでいると言われています。ドリアンの仲間となる種類では、チャネー種、クラドゥムトーン種、ガンヤオ種、モントーン種といったものがあります。チェネー種は出回っている量が多く、値段も安くなっています。強い臭気がありますが、果肉は甘くなっています。タイで生産されており、最も有名な品種になっています。クラドゥムトーン種はあまり見られませんが、甘い果肉を持っています。少し大きめの種を有し、タイで生産されています。ガンヤオ種は高値で取引されており、出回っている量もそれほどありません。甘い果肉を持ち、大きな種を有します。こちらもタイで生産されています。モントーン種は比較的流通していますが、少し高値です。黄色い果肉を持ち、人気のある品種です。

ドリアンの期待される効能効果効用
高血圧、糖尿病、動脈硬化の予防に有用とされます。また、解毒作用や癌を抑える働き、粘膜や皮膚を守る作用などがあるとされます。その他、疲労回復にも役立つと言われています。含有される成分では食物繊維やインドール誘導体が知られています。食物繊維は消化酵素で分解されない性質を持ち、この成分は多糖類のセルロースやヘミセルロースとなります。整腸作用があり、排便を促進し、その量を増加させる働きがあるとされます。また、腸内菌によって腸管運動が促され、便秘を改善すると言われています。更に、有害物質やコレステロール、糖質などの取り込みを邪魔し、その排泄を促進させることから、癌や動脈硬化、糖尿病の予防に役立つとされます。その他、悪玉菌は発癌性物質といった有害物質を生成しますが、食物繊維は乳酸菌などの善玉菌を増やす働きがあると言われていることから、悪玉菌の増殖を減少させる効果があるものと考えられています。インドール誘導体は、発癌性物質を解毒したり、消滅させたりする働きがあると考えられている、臭気成分です。

posted by 栗田智仁 at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。